勝手に多事騒論

警察の拷問

麻生邸見学ツアー逮捕者にきびしい取調べが続く 市民組織は「精神的拷問」と抗議

 
…不当逮捕された3人は、勾留され、いま尚、留置所に身柄を拘束されている。 
 
 そのうち1人の仲間(渋谷2号)は、アスペルガー症でありそれに誘発されて鬱をわずらっている。そして現在、生活保護を申請している。 
   取り調べにおいて人権が不当に侵されることは絶対にあってはならない。にもかかわらず、取調官伊藤と佐野が日々の生活のことや心の悩みを綴った日記を押収 し、そこに記されている彼の鬱の原因となった出来事を、わざと本人の目の前で読み上げるなどして精神的苦痛を与えている。さらに本人に対して「国の世話に なっているのだろう」、「おまえは病気じゃあない」、「生活保護を申請していて兄妹にやらせていいのか」などと執拗な嫌がらせを行っている。 
 
  このような取調官の尋問は、被疑事実とは一切関係がなく、鬱をわずらうものへの差別、生活保護制度に対する否定であり、公務員にあるまじき人権侵害である。精神的苦痛のみを与える行為は、取調べの範囲を超えた拷問である。 
 
   鬱をわずらったものや生活保護のことについて言及し、被疑者を、公然と侮辱するなどということは、昨今では表面上は影を潜め、考えられないことである。ところが公務員である2名の取調官は卑劣にも、それを行っている。このことは2名の取調官の不見識ではすまされない。人権侵害-差別を容認し、2名の取調官に行わせている警視庁渋谷署の責任である。(既に担当弁護士が渋谷署長、同署警備課公安係係長伊藤宛に抗議文をだしている) …

[PR]
# by lonely-taurus | 2008-11-06 06:09 | 政治・社会

アメリカにも言え

もう一度だけ書く。田母神暴言は更迭だけではすまない深刻な問題である( [公式] 天木直人のブログ)

しかし田母神元幕僚長の言動には最大の矛盾と限界がある。

 侵略戦争を否定することは占領国米国が裁いた東京裁判を否定することだ。

  「テロとの戦い」に協力し、米軍と一体化しつつある自衛隊の幹部が、もっと言えば米軍の指揮・命令のもとに米国の傭兵と化しつつある自衛隊の幹部が、その親分の米国に向かって「日本は侵略国家ではなかった」と言えるのか。

[PR]
# by lonely-taurus | 2008-11-05 20:10 | 政治・社会

アメリカにも言え

もう一度だけ書く。田母神暴言は更迭だけではすまない深刻な問題である( [公式] 天木直人のブログ)

しかし田母神元幕僚長の言動には最大の矛盾と限界がある。

 侵略戦争を否定することは占領国米国が裁いた東京裁判を否定することだ。

  「テロとの戦い」に協力し、米軍と一体化しつつある自衛隊の幹部が、もっと言えば米軍の指揮・命令のもとに米国の傭兵と化しつつある自衛隊の幹部が、その親分の米国に向かって「日本は侵略国家ではなかった」と言えるのか。

[PR]
# by lonely-taurus | 2008-11-05 20:10 | 政治・社会

負担増‥‥

舛添大臣またウソ発覚


"後期高齢者医療などを導入した場合、財政負担がどう変化するか、厚労省が2年前に作成した資料を分析すると仰天します。後期高齢者医療を導入すると、平成20年度の老人医療費は総額で5000億円削減される。ところが内訳をみると、公費負担が6200億円も減るのに、老人は100億円の負担増、現役は1100億円の負担増になっている。つまり、6200億円と5000億円の差額、1200億円を国民に負担させるシステムなのです"

[PR]
# by lonely-taurus | 2008-06-11 05:51 | 政治・社会

政府→最高裁→高・地裁

福島重雄元裁判長ふたたび([公式] 天木直人のブログ)

最高裁の長官や判事は、内閣に指名、任命される。
  「・・・その最高裁が下級審を操る。どうしても政府の意向に沿うような流れになります。誰だって冷や飯を食うのは嫌だし、流れに乗って所長にでもなったほうがいいと思う。そういう裁判所の体制にしちゃった・・・本来もっと和気あいあいとした所だったが、司法行政がそういうふうにつくってしまった・・・」

 「法治国家なら憲法に従って社会制度をつくるのが当然。憲法の言う通り武力なしで努力する事もせず、最初から憲法だけを改正しようとするのは憲法に失礼だと思う・・・」(福島重雄元札幌地裁裁判長)

[PR]
# by lonely-taurus | 2008-05-04 19:41 | 政治・社会

さすが読売系列

サッカーを毛嫌いする理由「読売テレビ」(ツカサネット新聞)



プライベートで酒でも呑みながら語るならともかく、公の場(しかもTV)で平然と一つのスポーツ競技を根本から批判する神経が凄い。しかもその理由が単なる毛嫌いなのがまた凄い。さすがは天下の読売系列のお偉いさんだけある。マスゴミの驕りとかいう以前に、社会的リテラシーがないんでしょうね。
[PR]
# by lonely-taurus | 2008-05-04 04:27 | サッカー

見せしめ??

我那覇の聴聞会が終了、費用は数千万円(サポティスタ)

当初から、我那覇側は、申し立て金が5万円で済む日本スポーツ仲裁機構(JSAA)での裁定を、またスポーツ仲裁裁判所(CAS)での裁定となった場合も使用言語を日本語とすることなどを要望していたが、Jリーグ側は、これをいずれも認めなかった。



これ、どう見ても会社(Jリーグ)が処分に歯向かった社員(選手)への嫌がらせ、見せしめにしか見えないのだけれど、、、。
[PR]
# by lonely-taurus | 2008-05-02 05:12 | サッカー

選手<審判

西村主審、「死ね」とは言っていないと主張(サポティスタ)

選手の場合は、事実関係の検証もなく主審の判断一つで処分が下されるが、審判に対する処分は、誰がどのように判断を下すのだろうか。

[PR]
# by lonely-taurus | 2008-05-02 05:02 | サッカー

エリート

君達はエリートだ 本音の出やすい?入社式挨拶(HNN)

テレビ番組制作会社 社長挨拶より
『君達はエリートだ。情報の伝達形態は変わってきているが、それ でも真実を的確に伝えたり、本当に国民の求める愉悦を表現出来 ているのはテレビでしかない。テレビを見て感想して泣いたり、楽しく て笑ったり、時に怒ったりする。君達がする世の中を大きく動かす仕 事なのだ』




まぁこれがTVに限らず大手メディアの人間の本音でしょう。
[PR]
# by lonely-taurus | 2008-04-05 06:16 | 政治・社会

愛国心に関する世界の著名人の言葉

愛国心とはいかに(HNN)




「(愛国心とは)統治する者にとっては、野心と貪欲な欲望を満たすための手段であり、 統治される者にとっては、人間の尊厳、理性、良心の放棄以外の何物でもない」(レフ・トルストイ)


「愛国者に満ちあふれた世界は、紛争に満ちた世界になるだろう」(バートランド・ラッセル)


「愛国心は子どもの病気である。それは人類の"はしか"である」(アルバート・アインシュタイン)


「愛国心は、悪党の最初の手段」(アンブローズ・ビアス)


「愛国心は、悪党の最後の逃げ場」(サミュエル・ジョンソン)


「愛国心を持つなら地球に持て。魂を国家に管理させるな!」(ジミ・ヘンドリックス)


「恐怖心や愛国心によって人を殺すのは、怒りや貪欲によって人を殺すのとまったく同じだ」(ヘンリー・ミラー)


「今日の大きな悪魔は愛国心、愛国心が大戦をもたらすのだ」(チャールズ・チャップリン)


「反対の声があろうがなかろうが、人々が政治指導者の望むようになる簡単な方法とは……。 国が攻撃された、と彼らに告げればいいだけだ。それでも戦争回避を主張する者たちには、 愛国心がないと批判すれば良い」(ヘルマン・ゲーリング(ヒトラーの側近))

[PR]
# by lonely-taurus | 2008-04-03 04:50 | 政治・社会


平和主義で非戦主義で反自民党で右翼は大キライ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31